Javascriptが無効になっているため、正常に表示できない場合があります。

なぜか 「すみません」

login

ニュース

ブログ

なぜか 「すみません」
両手がふさがっているときにドアを開けてもらい「すみません」と言って体を小さくして通ったということはありませんか。
「すみません」の語源は「心が澄みやかな状態ではいられない」ということです。日本人らしい謙遜の現れですが、どこか自分を責めたり、反省するような意味合いが含まれるため「すみません」を連発する人は自信なさそうな感じを受けます。
  「すみません」はどちらかというと自己否定の言葉で、あまり多用すると心が澄んだ状態を保てなくなりそうです。
 その「すみません」を「ありがとうございます」に言い換えてはどうでしょうか。
  ドアを開けてもらった相手にスマイルもつけて「ありがとうございます」と伝えると、言った側も受けた側もいい気分になれそうです。
 「ありがとうございます」の語源は「有り難し」です。それは「あり得ないような奇跡がまさに今起こっています」という、祈り言葉。口にすればするほど「いいこと」がたくさん降り注いでくる魔法の言葉です。
 さあ、今日から「すみません」ではなく「ありがとうございます」ですよ。